会則

名称

【第1条】
本会は画像工学同窓会と称する。

目的

【第2条】
本会は画像工学同窓会と称する。

会員(正会員、特別会員)

【第3条】
正会員は千葉大学工芸写真会および芝葉印刷学部会の正会員と、千葉大学工学部画像工学科、千葉大学大学院工学研究科画像工学専攻、千葉大学大学院自然科学研究科像科学専攻の在校生・卒業生・修了生とする。 特別会員は千葉大学工芸写真会および芝葉印刷学部会の特別会員と千葉大学工学部画像工学科、千葉大学大学院工学研究科画像工学専攻、千葉大学大学院自然科学研究科像科学専攻の現旧教職員(ただし正会員を除く)および幹事会で承認された者とする。

役員

【第4条】
本会の運営のために次の役員を置く。

  • 会長:1名
  • 副会長:3名
  • 幹事長:1名
  • 副幹事長:若干名
  • 幹事:若干名
  • 会計監査:3名
上記の役員で役員会を構成する。

【第5条】
本会の運営、発展のために会長の委嘱により顧問及びクラス委員を置くことが出来る。
顧問:若干名
クラス委員:各卒業年次毎に若干名

【第6条】
会長、副会長、幹事長、副幹事長、幹事及び会計監査は役員会において推薦し、総会の議決を経て決定する。

【第7条】
役員の任期は2年とする。但し再任を妨げない。学科長に依頼した副会長の任期は学科長在任期間とする。

【第8条】
会長は総会を招集し本会を運営する。
副会長は会長を助け、会長事故ある時はこれを代理する。

【第9条】
幹事長は本会の業務に携わる者で、必要に応じて幹事会を招集し通常業務を行う。 副幹事長は幹事長を助け、幹事長事故ある時はこれを代理する。

【第10条】
幹事は本会の庶務、会計、会誌編集、名簿管理等の業務を分担する。

【第11条】
会計監査は本会の会計を監査し、会計担当幹事は会計年度末において会計報告書を作成し、その結果を総会において報告しなければならない。

【第12条】
クラス委員は同級生の状況(慶弔、住所変更など)を把握し、必要に応じて本部に報告する。

総会

【第13条】
総会は通常年1回開催し、本会の運営発展に関する事項を審議決定する。 総会における審議決定は出席者の過半数の同意による。

幹事会

【第14条】
幹事会は幹事長、副幹事長、幹事によって構成され、本会の運営、発展に必要とする事項、業務、行事等を立案、検討及び実行し、本会の運営、発展のためにこれを努める。必要に応じ会長、副会長の出席を求めることが出来る。

業務

【第15条】
本会は次の業務を行う。
一、会誌発行に関すること
一、会員名簿管理に関すること
一、会員相互の親睦のための集会に関すること
一、学部卒業・大学院修了会員激励等に関すること
一、会員の慶弔に関すること
一、その他幹事会において、本会の目的達成に必要と認める事項

会費

【第16条】
本会は入会金、年会費及び寄付金をもって本会の運営、発展、維持に当てる。
入会金 10,000 円、年会費 1,000 円
一旦納入された入会金、年会費は原則として返却しない。
特別の催し物などについては臨時会費を徴集する場合がある。

付則

【第17条】
本会会則変更の場合は総会の承認を必要とする。

【第18条】
本会の会計年度は毎年4月1日より始まり3月末日に終わる。

【第19条】
本会の事務局を株式会社印刷学会出版部内におく。
(株式会社印刷学会出版部 所在地 〒104-0032東京都中央区八丁堀4-2-1 Tel.03-3555-7911 Fax.03-3555-7913)

【第20条】
本会は支部をおくことが出来る。

【第21条】
本会則は平成8年9月14日より施行される。

【第22条】
本会は内規を別に定める事が出来る。

2015年4月改訂