2016-2017年度 第8回幹事会 

更新日:2017年01月13日

千葉大学画像工学同窓会 2016-2017年度 第8回幹事会 議事録

日時:2016年10月30日(日) 14:30~17:00

場所:日本印刷技術協会(中野富士見町)

出席者:
湯本好英会長、井駒秀人副会長、松井尚樹幹事長、小出哲司、藤森博、郡司秀明、佐藤徹、平賀祐二、斎藤了一、平井経太、今井良枝、田中政吉、中村幹、各幹事、廣瀬祐三監事、五百旗頭忠男顧問、久下謙一・画像科学科学科長

議題0.前回議事録確認
 前回(9月25日)第7回幹事会議事録を確認、承認した。

議題1.画像系学科100周年式典・祝賀会反省等および今後の運営等
湯本会長の次の意向を確認・承認した。
・会長は次回2月の総会でリタイアする。
・産業界の意向として、式典を出発点とし、大学側に次のステップと捉えていただく。
・まだ寄付を頂戴していない企業からも今後、お願いする。
・そして、画像の教育に資するように、大学を支援していく。

【式典・祝賀会等収支】
・事務局より、式典・祝賀会前後の入出金の概略報告があった。
・旧千葉大学工芸写真会と旧芝葉印刷学部会に残っていた資金を100周年式典、記念誌発行等に使ったことを確認した。

【Web】
・100周年Webサイトと通常Webサイトの統合について田中幹事より説明があり、統合するタイミングについて、①次の総会時、②イメラボができた時、などの意見があり、総会時に決めることにした。

【イメージング教育ラボ】
・9月14日に、製版カメラ、印刷機などの撤去(税抜き47万円)を行ったと郡司幹事より報告があった。
・色関係のソフトに関し、DICグラフィックスの谷上社長より提供協力の予定である。と湯本会長より報告があった。
・工事自体は春休み中にしたいとの報告が久下学科長からあった。
・経営委員会、運用委員会など今後の運営案が久下先生より提示された。

【画像集】 ・千葉大学のブランディング戦略として、画像集を献本するのに有益な高校、大学、専門学校等に関し、佐藤幹事が作成した学校リストを元に、久下先生を通じて大学側が選ぶことになった。
・その献本費用(画像集買取や送料等)は、100周年奨学寄附金を充てることを大学に依頼することにした。

【記念誌】
印刷学会出版部より、記念誌の仕切りを直売分75%、書店販売分55%の依頼があり承諾した。

【会報】
・例年通り、年末までに『画像工学同窓会報』を出すことを確認した。
・100周年寄付者名は奨学寄付と一般寄付を一緒に、口数を掲載することにした。
(通常寄付者名は例年通り口数を掲載することにした。)

【総会・技術講演会】
・総会・技術講演会・懇親会は、2月9日(木)に決めた。
・技術講演会の企業側、大学側のテーマ、人材について議論した。(後日、五百旗頭顧問、久下教授に決定)
・懇親会は、乾きものに缶ビール持ち込みなどで会費を安価にし、会員が参加しやすいようにすることにした。(後日、持ち込み禁止がわかり、藤森幹事と事務局で検討中)

【若手取り込み】
次の意見が出た。
・就職関係は学生が興味があり、Webを見る可能性が高い。
・Webでは就職の斡旋はできないが、就職結果情報は載せていいかもしれない。
・Webに学生からの問い合わせ窓口、書き込みページがあってもいい。
・電気、情報系の就職活動はシステマチックで就職担当先生と連携がとれていた。

次回幹事会
2017年2月9日(木)池袋サンシャイン